Motor Service

【車の安全を守る】冬に欠かせないスタッドレスタイヤ!

雪道や氷道を走るなら

専門のタイヤで対策を

タイヤ交換

寒さには無縁の季節に自動車の運転を始めたのなら、地域によっては冬に向けて用意しなければいけないものがあります。
それは、スタッドレスタイヤという製品で、雪が積もるエリアに住んでいるのなら、自動車にとって必須のアイテムといえるでしょう。
もちろん、凍った道にも効果を発揮してくれるため、雪が降らなくても氷点下になりやすいエリアの場合もスタッドレスタイヤは必要となります。
なお、雪道用にスパイクタイヤを考える方もいるでしょうが、そちらはすでに規制されていることもあり、一般のお店では購入すらできません。
スパイクなしでも雪道に対応できるように開発されたのがスタッドレスタイヤなので安心して導入しましょう。
なお、スタッドレスタイヤは色々なメーカーが販売していて、それぞれが独自の技術を盛り込んでいるケースが多いです。
従って、雪道での滑りやすさにも違いがあるため、各製品の性能をチェックした上で納得できるスタッドレスタイヤを購入しましょう。
各メーカーの公式ホームページに訪れれば、雪道や氷道での実験結果が発表されていることが多いので、製品性能を事前にしっかりと確かめられます。
また、スタッドレスタイヤは本格的に冷え込む前に購入して、余裕を持って交換をしておくと安心です。
雪が降ったり氷が張ったりして、初めて購入や交換を考える人は意外と多いため、それらの混雑に巻き込まれないようにしてスタッドレスタイヤを用意しましょう。

タイヤの性能に注目です

タイヤ

冬に雪が降る地域は多いですし、雪が積もっていなくても、朝晩は路面が凍結している恐れがあるため、注意して車を運転する必要があります。
タイヤがスリップしないように性能に注目しながら、スタッドレスタイヤ選びを進めることをおすすめします。
スタッドレスタイヤを選ぶ際に、雪道での安全を考えた製品選びを進めることも重要ですし、日中の乾いた路面でも安定して車を走らせることができる総合力にも注目です。
スタッドレスタイヤは、より快適な走りができるように日々進化しているため、幅広く商品情報をチェックすることで、安定した走りができる製品を探せます。
タイヤに使うゴムの研究も進められており、耐久性も高く、長寿命のスタッドレスタイヤもありますし、燃費性能を高めた省エネタイプのスタッドレスタイヤも購入できます。
スタッドレスタイヤ選びのコツとして、走る環境に合わせて、安定した走りができる製品を選ぶことがあります。
例えば、ずっと雪が降る地域の場合、雪深い路面でも前に進みやすいタイヤ選びが必要になりますし、日中は路面が乾くことが多い地域では、凍った路面だけではなく、乾いた路面での走行性能に満足できる商品選びが重要です。
タイヤ選びの初心者の方の中には、製品の価格とサイズに注目して商品を選ぶ方が多いですが、製品によって、それぞれ性能が異なっていることも理解し、一人一人に合ったスタッドレスタイヤを見つけることが求められます。

対策をきちんとする

女の人

車の使用目的に合うタイヤに変更することはとても大切で、冬はスタッドレスタイヤへの需要が高くなります。
冬になって気温が下がりますと、雪が降ることで道路がアイスバーンになることもあります。
スタッドレスタイヤを車に装着することで、このアイスバーン対策を取ることができます。
スタッドレスタイヤを選ぶ際にはその性能に注目することが重要で、氷上性能や雪上性能の確認はとても大切です。
冬の道路対策をしっかり取るには、雪が深い場所や道路が凍結している場所でも走行することができるスタッドレスタイヤの装着をする必要があります。
スタッドレスタイヤは特殊な配合のゴムを利用していて通常のタイヤよりも柔らかくなっています。
そのため寿命が通常のタイヤよりも短いので、交換時期の把握がより重要になります。
時間が経つとゴムが硬くなって性能が落ちてしまいますので、早めの交換を心掛ける必要もあります。
こうしたゴムの硬化を防ぐような技術も開発されていますので、最新のスタッドレスタイヤに注目することも大切です。
スタッドレスタイヤを購入する時は燃費性能にも注目する必要があって、燃費が良いタイプの人気は高くなっています。
タイヤの価格に性能が比例しやすい特徴もあって、スタッドレスタイヤも価格が高いほど高性能な傾向があります。
タイヤを選択する時はコストパフォーマンスを重視することも重要です。
雪があまり多く降らない地域を走る時は、燃費性能などを重視して選択すると効果的なこともあります。